知らないと恥!着物の左前はNGです!

本格的な着物の着付けには専門的な知識が必要ですが、訪問着や浴衣でしたら基礎的な着方を憶えれば自分でも着られるようになります。また、見よう見まねでそれなりに着られるようになる人もいます。このときに気を付けたいのが着物の合せについてです。 合せとは着物の前、洋服でいえば襟にあたる部分のことです。ここでNGとされているのが左前というもので、これは向かって左側、着る側からすると右側の身頃が前になることを指します。洋服が入ってくる以前や着物が衣類の主流だった時代、袖の下や胸元にちょっとした小物を入れていました。日本人は右利きがほとんどでですから、右手が胸元に入れられるように右前に着るという様式になっています。 唯一、左前になるのは亡くなった人に着物を着せるときだけでした。このため、左前は死人をあらわすとして、着付けではNGとされています。このとことを知らない、左前の知識はあってもどちらが左前という状態か知らないと間違ってしまいますので、自分で着るときは右手が胸元に入るというのを意識しましょう。